フライビシットで便秘が解消した?!どうしてなの?

フライビシットの口コミを見ると、「便通が良くなりました」「便秘が解消しました」といった意見も見られます。

骨盤矯正と便秘には、どんな関係があるのでしょうか?

「歪みが治ったからだよ!」と言ってしまうのは簡単ですが、調べてみると、ちゃんとした理由がありました。

 

 

現代人の腸は便が通りにくくなっている

便の通り道である大腸は、クルクルと曲がった構造をしています。

そして、曲がり角になる部分は便が詰まりやすい場所です。

現代人、特にデスクワークの時間が多い方は、この腸全体が下に落ち込んでいることが多く、その場合便の通りも悪くなり便秘へとつながります

 

※こんな経験ありませんか?

本屋さんで目線よりも上の本を探しているときに、急に便意を催した!

↑↑↑

この現象は精神的なものではなく、腸とのつながりから説明ができます。

①まず、上を向くと横隔膜が上に持ち上げられます。

②横隔膜と腸は膜でつながっているので、一緒に腸も持ち上げられます。

③すると便の通る余裕が生まれ、お腹がグルグルと動き出すんです。


 

要するに、下がった腸を持ち上げることが必要で、それが期待できるのがフライビシットなどの骨盤ショーツということになります。

 

 

フライビシットの便秘解消効果について

骨盤は、左右は腸骨(ちょこつ)、後方は仙骨(せんこつ)という骨に囲まれていまが、前方は何もありません

その為、腸は前方且つ下方に落ちることになります

フライビシットの圧の設計は前方を引き締めるようになっていて、この締め付けが腸の落下を防いでくれるんです。

⇒その結果、腸内に余裕ができて、便の通りも良くなるという事ですね。

 

またもう1つ考えられる作用として、骨盤には便通を促す副交感神経が存在しています。

歪みが整うことでこの神経が正常に働きだし、排便のリズムが整ったという可能性もあります。

いずれにせよ、フライビシットで便秘が解消されるということには、ちゃんと理由があるんですね。

 


便秘の原因は、

  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • 運動不足

などいろいろと言われていますが、骨盤の歪みも大きな要因であるというお医者さんもいらっしゃいます。

ダイエットついでに便通も良くなるなら、ありがたい変化ですよね。

 

 


「より腸を持ち上げる履き方」

先ほども書かせていたd買いましたが、息を吐く時に横隔膜が持ち上がり、それに伴って腸も上に移動します。

なので、まず立った状態で息を大きく履きます。そして吐ききったタイミングで、フライビシットを履くようにします。

こうすることで、腸が上に上がった状態を、より維持できるようになるでしょう。

 

 

・関連記事

フライビシットのサイズ選びのコツをこちらでまとめています。